読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬ブログ

20代絶食系男子の記録

初日記

日記といえば、高校のころ「プロフ」というサービスが流行っていたのを思い出す。

もう10年近く前になるが、ガラケー時代の高校生がこぞってやっており、プロフィールと日記をポチポチと打って公開し、仲間内でつながるという、今で言うせまーいSNSみたいなやつだった。

 

主な利用者は女子だったと思うが、男子はみんな目を血走らせながら、ほぼ監視に近い状態で見ていたような気がする。なぜなら、誰々が誰々と付き合ってるだの誰々先生が離婚しだのという情報の宝庫だったから。

モテない集団というのは怖い。いやモテなかったのは僕だけかもしれないが、今ならネットストーカーとして捕まってもおかしくない。

 

で、当時、そんなプロフをクラスメイトの男子有志数名でやろうぜ!という話になり、1から10までネタで作ったネタプロフを作った。

ドンキで買った馬のお面をかぶった奴がトップ画像をかざり、その馬がやっているという設定のプロフ、その名も「馬プロフ」が爆誕した。

 

もちろん、他の生徒をバカにしたりとかいう陰気臭い目的では断じてなく、ネタ交換日記や男子高校生特有のバカな行動の画像を記録する場として、後世まで語り継ぐために作ったものだった。

(今ではどんな検索の仕方をしても出てこないが。)

 

そのプロフのコンテンツ(笑)のひとつとして、日記があった。

最初はみんなで順番に書いていたのだが、だんだんみんな飽きてきて、ひとり、またひとりと離脱していき、更新間隔もひと月、ふた月と空いていった。

 

そして、最後に僕が残った。

 

僕は割と文章を書くのが好きで、侍魂とか僕の見た秩序とかの古き良きテキスト系ネタサイトを見て、そっち系の面白さに惹かれていたのがでかかった。

 

最初はくっっっだらないネタを書き続けていたが、だんだん書くネタもなくなり、最終的には音楽や感じたことなど僕個人の趣味的なところを書くことも多くなった。

共有していたはずのプロフは、HNだけを借りた僕個人のプロフに成り果てた。

 

ところで、プロフにはリンク機能がついており、友達のページにすく飛ぶことができたのだが、共有プロフかつ当初の目的からして本来とは大きく異なる当プロフは、当然、リンク機能など使っていなかった。

つまり、誰とも繋がらない孤島のようなプロフだったわけだ。

 

しかしながら、存在が噂になっていたのかわからないが、カウンターの回り方からして仲間内以外で見ている奴がいないと計算が合わないことがわかり、けっこうビビっていた。

1日100人ほど見ているときもあった。多いかどうかはともかく、他人に見られているというのは間違いなかった。

 

そうなると、書いている僕は嬉しくないわけがない。

嬉々として書き続け、1年のころに始まった日記は卒業間近まで断続的に続いた。

 

今思えばしょうもないことを書いていたのだが、高校3年にもなるとリアルでも「読んでるよ!」「おもろいね!」「アホだね!」と伝えてくれる人もちらほらおり、その度に赤面していた。

 

今ではそのプロフは跡形もなく消滅しているが、アラサーが近づいてきた今日この頃、寂しさも募る一方になり、ふと当時を思い出して日記を書いてみようかと思い立った次第である。

 

そんなわけで、あえて昔のようなバカさを思い出しつつ(今でもたいがいバカだけど)、ブログも続けられたらなぁと思っています。